9月10日に牛タンステーキを食べよう!由来と理由を紹介

9月10日に牛タンステーキを食べよう!由来と理由を紹介

牛タンステーキは一年中好きなときに食べることができますが、特に9月10日に食べるのがいいかもしれません。なぜかというと、宮城県仙台市を中心とした牛タン専門店が加盟している仙台牛タン振興会が2006年に牛タンの日に制定しているからです。9月の9は牛の意味があり、10は英語でtenなのでタンと読むことで、9月10日が牛タンの日に制定されています。仙台の食文化にもなっている牛タンステーキをより多くの人に楽しんで食べてもらうために制定された日になるので、折角食べるのであればその日を狙ってみるのもいいかもしれません。いろいろなタイミングで牛タンステーキは美味しく味わうことができますから、日常的に食べながらも制定された日にお店に行くと地元の人も喜んでくれるかもしれないです。

牛タンステーキを美味しく効率よく焼く方法

牛タンステーキは、美味しいお肉を手に入れることができれば自宅でも楽しむことができます。その方法も簡単なので、ぜひ習得して試してみてください。初めに冷凍してある牛タンについては、焼く前に解凍しておくようにします。冷たいまま熱を通しても、中まで均一に熱が通りません。焼きムラができるとおいしさがなくなってしまうので、調理をするまでに冷蔵庫に入れて自然解凍しておく事をお勧めします。厚みのあるお肉については、表面に軽く切れ目を入れておくようにしてください。火が通りやすくなるだけでなく、味が染み込みやすくなってより美味しくなります。表面に軽く塩コショウを振った後にフライパンで焼きます。表面を強火で焼いた後は、弱めて蓋をして蒸し焼きにします。お肉の中までしっかりと火を通すためにも、片面ずつ中火で2分程度焼くと良いでしょう。牛タンステーキは厚いため強火で中まで熱しようとすると、表面が焦げてしまいます。肉汁が出ないように表面だけ焼いた後はゆっくり火を通すのがおすすめです。