牛タンステーキを食べたらはまる!牛タンの美味しい食べ方と選び方を紹介

当サイトでは一度食べたらはまる人も多い、牛タンステーキに関する情報を取り扱っています。
牛タンの美味しい食べ方と選び方も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。
通販で購入した牛タンをステーキとして焼く時に注意するべきポイントも解説しています。
初めて調理する人でも、これを押さえておけば安心です。

牛タンステーキを食べたらはまる!牛タンの美味しい食べ方と選び方を紹介

牛タンの美味しい食べ方を知りたい、という人は多いのではないでしょうか。
そのような方に牛タンステーキを紹介します。
牛タンステーキを作る時には、しっかりとした食感と旨味を味わえるような厚切りにした牛タンを選ぶとタンらしさを堪能することが可能です。
表面を香ばしく焼き、内側をしっとりと仕上げると美味しい牛タンステーキを作ることができます。
ステーキに適しているのは比較的中央に近い部分です。
両端は煮込み料理に使うのがおすすめです。

自宅でも美味しい牛タンステーキが食べられる!簡単なコツを伝授

有名店や専門店であればおいしい牛タンステーキを味わうことができるかもしれませんが、しっかりとコツをつかむことにより、自宅でもおいしい牛タンステーキを味わうことができます。
自宅で調理する場合に簡単に使えるのがフライパンです。
まずは下準備として20分ほど前に冷蔵庫から取り出しておきます。
調理を開始する直前に表面に塩を適量振っておきます。
すでに味付けされているものの場合には必要ありません。
フライパンに薄く油をしたら強火でフライパンを熱します。
油から煙が薄く立つ程度にしっかりと熱するのが良い状態と言えるでしょう。
牛タンを並べたら動かさずに焼いていきます。
表面に赤い汁が浮かんできたら裏返す合図です。
厚さが5ミリ以上ある牛タンステーキの場合には、隠し包丁を両面に入れてから焼くのが良い方法です。
焼き時間はやや長めにし、中心まで火を通すことを意識しましょう。

牛タンステーキを楽しもう!選び方には見てほしい部位を公開

牛タンは焼肉店に行けば多くの方が注文する人気の肉の部位ですが、最近ではスーパーで焼肉用の薄切りやブロックでの販売がされるようになってきているので、自宅でもお店の味が手軽に楽しめるようになっています。
ただブロックで購入した場合、厚みのある牛タンステーキにしようと考える方は多いですが、牛タンは部位によって適切な調理法があります。
そこでステーキに適した部位を公開します。
まずブロックで見ると先端からタン先・タン中・タン元・タン下に分けられ、先端側ほど硬く付け根部分になるほどやわらかくなることが特徴です。
そのためタン先は硬く臭みがあるので、焼くよりも下処理をして煮込む食べ方が一般的ですし、タン中やタン元は焼肉やステーキに向いています。
牛タンステーキを作る際には、厚切りにカットして切れ目を入れてから強火で表面をしっかりと焼き、裏返しをして中火で3分ほど焼くのがポイントです。
旨みが凝縮されている部分なので、味付けはシンプルな塩コショウだけでも十分に美味しく仕上がります。

失敗しない牛タンステーキの焼き方!誰でもうまく焼けるコツ

自宅でもお店のような美味しい牛タンステーキを食べたいと考えているなら、失敗しない牛タンステーキの焼き方をマスターしましょう。
失敗しない焼き方のコツとして、冷凍してある牛タンは自然解凍を焼く前に必ず済ませておく必要があります。
この工程を省くと焼いたときに中まで火がうまく通らず、焼きムラができて美味しさを損なってしまうためです。
おすすめの解凍方法は、冷蔵庫に入れて自然解凍であり、容量が少ないなら半日、1kg前後の大容量パックを解凍するなら1日かけて行いましょう。
厚切りの牛タンステーキを焼く際には、火が仲間でしっかり通るように切れ目を入れることがポイントです。
これにより火の通りが良くなることはもちろん、歯切れが良くなったり味付けが染み込みやすくなるなど色々なメリットがあります。
切れ目は幅1~1.5cm間隔で入れ、深さはお肉の1/4~1/3ほどを意識するときれいに入ります。
後は焼く20~30分前に冷蔵庫から出して常温に戻しておき、味付けを済ませ、フライパンをしっかり温めてから油を薄くひき、表面を強火でサッと焼いたらひっくり返し弱火で30~60秒焼けば出来上がりです。

お店で食べる牛タンステーキの味!通販で購入すれば素人でも簡単に調理

レストランで食べた牛タンステーキの味が忘れられない、という人もいるのではないでしょうか。
食感と旨味が楽しめる牛タンのステーキは、外食でしか食べられないと思っている人もいるかも知れません。
牛タンを扱ったことがないと、自宅では調理が難しくハードルが高いと思われることも多いからです。
しかし本格的な牛タンステーキを気軽に自宅で味わえる方法もあります。
それは通販でお取り寄せをするという方法です。
近年ではお肉やホルモンの通信販売も色々あり、人気を集めています。
そのようなお店では牛タンも種類豊富に取り揃えられていて、煮込みに適したブロックや焼肉用のスライスなどももちろんありますがステーキ用の牛タンも存在しているのが特徴です。
ブロックタイプのものは、自分で厚切りにして調理する場合に向いています。
ステーキ用に既にカットされているものは、初めて牛タンステーキを自分で作る人にも便利です。